今月の日蓮聖人のお言葉を紹介させて頂きます♪



『立正安国論』/文応元年(1260) 聖寿39歳

DSC_2308.png

この書は、日蓮聖人が鎌倉幕府に奏進したものですが、正しくを立て、国を安んずる祈りの書でもあります。

 「正」とは、一に止まると書きます。この書では、一善に帰することを意味しています。

 「国」とは、国家だけではなく、人が人として生きている場所であり、自然や文化芸術などを含んでいます。

聖人は、予想される苦難を恐れることなく、この書を奏進され、「安国」を祈られたのです。


~~~実乗と和平と合掌~~~

信仰とは、悟りへの乗物とも言えます。

より確実な乗物として、日蓮聖人は「実乗の一善」と表現されました。

そして、そこに「帰せよ」とは、そこを揺るがぬ定点とし、それを知恵として世の中を見つめ、世界全体の苦しみが除かれる祈りを捧げ、救いたいと誓願することです。

どんなに小さくても、この誓願を持ったとき、人は幸せを感じます。

この幸せが世界中に広まれば、真実の和平が必ず訪れます。それは、あなた1人の合掌から始まるのです。





PAGETOP