ひな祭り

未分類

2016-03-02

明日、3月3日は「ひな祭り」です。

五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)のひとつで、二番目の上巳(じょうし)とも言います。

もともとは、老若男女関係なく、季節の変わり目に「身のけがれを祓い、無病息災で暮らせるように」と川で身を清めて汚れを祓うという神事でした。

それが平安時代に宮中の小さな女の子たちの間で行われていた人形遊び「ひな遊び」と結びつき、紙人形などにけがれを移して川に流し、女の子の健康と幸せを願ったのがひな祭りの起源だと言われています。

今でもこの風習は、鳥取や京都で「流しびな」という行事となって受け継がれているそうです。

DSC_1995.jpg

さて、ひな人形はいつ飾り、いつおしまいするのでしょうか?

その由来を調べてみました。

ひな祭りは、春の訪れを祝う意味もあるので、立春(2月4日)を過ぎたころに飾りはじめ、3月4日には片付けるのが良いそうです。

よく、「早くしまわないと、嫁に行き遅れる」といった迷信がありますが、様々な意味があるようです。

①厄払いをして不幸を遠ざける

本来の考え方から、けがれを移す役目があるので、早く片付けて災いを遠ざけたほうが良いとされた。

②しつけとして

飾るのも片付けるのも面倒。「片付けも満足に出来ないようではきちんとした女性にはなれない」といった意味から。

③早く幸せになってほしい

婚礼を模したひな人形は、娘の結婚になぞらえることから、早く飾りだすと「早く嫁に出す」、早くしまうほど「早く片付く」ととらえ、早くおひなさまのような幸せな結婚が出来るようにとの願いから。

雛人形を飾らなくとも、桃の節句を楽しみたいですね♪

季節の移ろいを大切に(^^/



yama








PAGETOP