FC2ブログ
今月の日蓮聖人のお言葉を紹介させて頂きます♪

人の智はあさく仏教はふかくなる

報恩抄/建治2年(1276)聖寿55歳

DSC_1416.jpg

このご遺文は、旧師道善御房の訃報を受け、使者に墓前などで読むように託された長文の追悼書です。

日蓮聖人は、旧師への供養のために、人としての報恩のありかたから書き起こされ、仏教の歴史を示し、その核心を説かれ、生きとし生けるものへの広大な慈悲の世界を述べられました。

この書には添え状があり、何度でも読み返し、わからないことは質問するように書かれてあります。


~~~社会と生き方~~~

お釈迦さまはさまざまな事柄に応じて、人間の生き方を法として説かれました。

現代を見ますと、高度な科学文明が発達し、豊かなようですが、依存しすぎて人間性が薄くなったように感じます。

現代社会はさまざまな格差を生み出し、科学で乗り越えられない自然災害に、人は不安を感じています。

これからは、人間性を深め仏心を持たなければならない時代です。その先に安穏な社会は開けるのです。

PAGETOP