霜降

未分類

2014-10-23

本日は二十四節気「霜降」(そうこう)です。

暦本によりますと、この様にあります。

~~~~~

秋も末で、霜が降りる頃という意味から霜降という。

この頃になると、秋のもの寂しい風趣がかもされてきて、早朝など所よっては霜を見るようになり、冬の到来が感じられてくる。

小雨がときどき降り、楓や蔦が紅葉し始める。

秋の季節の最後の二十四節気である。「しもふり」とも。

~~~~~

今朝は霧雨でした。

暦の上では秋もいよいよ終わりです。

DSC_1236.jpg

PAGETOP