fc2ブログ
今月の日蓮聖人のお言葉を紹介させて頂きます♪

八つのかぜにをかされぬを賢人と申すなり

『四条金吾殿御返事』/
建治三年(1277)聖寿五十六歳

DSC_1314.jpg

=八つの風=

人の心を動揺させるものに利・衰・毀・誉・称・譏・苦・楽の八つがあり、それを風に譬えられています。

そして、これらの風が吹いても、平常心を保てる人間のことを賢人と呼ぶとされます。

ですから賢人とは、どんな時も人として謹み深く、他者を敬うことのできる美しい心の持ち主のことです。

諸天善神は、このような人の心に住まわれ、その人を守護し、正しく導いて下さるのです。


『四条金吾殿御返事』

このご遺文は、四条金吾公からの供養の品々と書状に対する返書です。

金吾公は実直至誠の人柄でした。それが時に、主君から誤解されたり、同輩から妬まれたりしました。

日蓮聖人は、歴史的な事例や身近な事柄を示され、たとえ誤解や、妬みがあろうとも《八つの風》に惑わされることなく、美しい心を持ち、正しく祈れば、状況は必ず好転すると諭されています。



PAGETOP