FC2ブログ
今月の日蓮聖人のお言葉を紹介させて頂きます♪

天は必ず戒を持ち善を修する者を守る

『祈祷鈔』/文永九年(1272) 聖寿五十一歳

DSC_834.jpg

=善と守護=

戒めるとは、自己中心的になりやすい私たちの心を警戒することです。

善とは、神仏の意にかなう正しい心を示します。

この二つの心を大切にした行動をとれば、その姿は美しいものとなります。

美しい姿の人間を神仏は守護して下さるのです。

どんなに辛く悲しいことがあっても、またどんなに楽しく幸せだと感じるときも、「戒」と「善」この二つの心を忘れないことが大事なのです。

~~~~~


日蓮聖人ご遺文『祈祷鈔』

このご遺文は、三つの書を一つにまとめられたものですので、三段に分かれています。

日蓮聖人は、一段、二段の結論を三段目に明らかにされました。

それは、国王に生まれるのは、過去世の正しい信仰によるということです。

しかし当時の為政者は正しい信仰をしていなかったので、未来に及ぼす影響が恐ろしいものであることを暗示しています。

PAGETOP