FC2ブログ
今月の日蓮聖人のお言葉を紹介させて頂きます♪

仏の金言を試みよ

『曾谷入道殿許御書』/ 文永十二年(1275)聖寿五十四歳

DSC_775.jpg

=金言と私たち=

金言とは、広くはお釈迦さまの言葉である経典全体のことですが、なかでも最も純粋なものを示します。

その純粋な金言とは、すべての人びとを仏としようとするお釈迦さまの永遠不滅の誓願のことです。

それを「こころみよ」とは、どんなに辛く悲しいことがあったとしても、この誓願を信じきって、身を任せて生きていこうとすることです。

このような精神に立ったとき、必ず安穏なる社会が開けてくるのです。

~~~~~

日蓮聖人ご遺文『曾谷入道殿許御書』

このご遺文は、今の千葉県北部に住んでいた曾谷教信公、大田乘明公に宛てられたお手紙です。

このお手紙にて日蓮聖人は、教えの確認と未来のために、今までに遭われた数々の法難や迫害によって散失した経典の蒐集を依頼されました。

さらに、病気によって使用する薬が異なるように、人や社会を導くには、そのありさまによって選ばなければならない教えがあると示され、つぎに、その教えの内容を詳細に述べられた重要な書です。 


PAGETOP