fc2ブログ
今月の日蓮聖人のお言葉を紹介させて頂きます♪

『聖人御難事』/
弘安2年(1279)58歳

師子王は百獣にをじず(怖ぢず)


DSC_5403.png








日蓮聖人ご遺文


『聖人御難事』

日蓮聖人が身延の地から遠く離れた弟子や信徒に対して送られたたくさんのお手紙のひとつです。

人びとを思いやり、苦難に遭遇したときの気の持ち方が説かれています。

弘安2年(1279)58歳



=怖れない心=

「大丈夫! 自分が今までやってきたことを信じて頑張れ! みんながついてるぞ!」。

物事に取り組む時、不安に駆られ、ひるんでしまった経験は、誰にでもあることでしょう。

私にも学生時代、

試合に臨む時にコーチにそう励まされておじけづいた自分の心を奮い立たせたことがありました。

自分の力が信じられなくなったり、

自分には味方がいないのだと思い込んでしまうと、人はどんどん弱気になってしまいます。

でも人生には勇気を持って突き進んでいかなければならない場面がたくさんあります。

そんな時は自分を信じてみましょう。不思議と目に見えない力が働くことがあります。

不信感や孤独感に陥ることなく、

百獣の王・ライオンのようないざというときに怖れない心・ひるまない心を養っていきましょう。





PAGETOP