FC2ブログ
明日、2月16日は日蓮聖人のお誕生日です。

1222年(貞応元年)2月16日。

現在の千葉県鴨川市小湊でご誕生されました。

父は、貫名次郎様。母は梅菊様です。

お父様は漁師を営んでおられました。

1233年(天福元年)、11才で近くの清澄寺の道善房に入門されました。

誕生の地には、誕生寺というお寺になっています。

↓誕生寺の祖師堂
DSC_4124.jpg


~~~~~

今回も、日蓮聖人にまつわるお話をご紹介させて頂きます。

日蓮聖人の残された文章の中に、ご自身の生い立ちを示された箇所があります。

~~~~~

「日蓮は日本国東夷東条安房国、海辺の旃陀羅が子なり。いたづらにくちん身を、法華経の御故に捨てまいらせん事、あに石に金をかふるにあらずや。」

※佐渡御勘気抄

↓私なりの訳

日蓮は、日本の東部、安房国の海辺で、卑しい身分として生まれてきました。

その地で人生を過ごして、空しく朽ち果てる身でした。

ところが、法華経の為に命を捨てることになった。

まさしく、「石を金に変える」とはこのことです。

~~~~~

日蓮聖人は、自らを卑しい身分とおっしゃっていますが、本心はそうではないと思います。

仏様は皆平等だとお説きになっております。

誰の子供かが重要ではない。

身分に上下はない。

誰しもが仏になれる。

生まれた家柄、性別、人種、民族、宗教、文化、病気、思想。

仏様のお言葉のこうあります。

「人は生まれによって尊いのでもなければ卑しいのでもない。

その行いによって尊くもなり卑しくもなる。」

仏教の基本思想ですね。

日蓮聖人は妙法蓮華経を軸とした生き方によって、私達に教えを示されています。

明日は聖人生誕を思い、合掌唱題致しましょう。

南無妙法蓮華経





yama



PAGETOP