防災の日

未分類

2014-08-31

明日9月1日は「防災の日」です。

1923(大正12)年9月1日午前11時58分、マグニチュード7.9の関東大震災が起こりました。

190万人が被災、10万5千人余が死亡あるいは行方不明になったとされています。

建物被害においては全壊が10万9千余棟、全焼が21万2000余棟。

東京の火災被害が中心に報じられていたようですが、被害の中心は震源断層のある神奈川県内で、振動による建物の倒壊のほか、液状化による地盤沈下、崖崩れ、沿岸部では津波による被害が発生したそうです。

防災の日は、これを教訓とし、防災意識を高めるために昭和35年に制定されました。

防災訓練などの報道が大半ですが、各被災地で慰霊祭が行われています。

慰霊とともに、私達の防災を考えましょう。

↓東京都慰霊堂(東京都墨田区横綱町)
DSC_1291.jpg

↓慰霊法要の様子
DSC_1290.jpg

PAGETOP