DSC_3013.jpg

全国の小中学生を対象にした作文大賞のご案内です。

大賞には賞状および図書カード5万円!(すごいですね。)

協賛は、学校法人立正大学学園、日蓮宗となっております。

詳細はホームページをご覧下さい。

小中学生のお子様がいらっしゃるご家族様、機会がありましたらご応募下さい。

よろしくお願い致します。

m(_ _)m




永代供養墓「摩耶供養塔」に塔婆建てを設置致しました。

摩耶供養塔に納骨している霊位の供養にお塔婆を建てたいというご要望をたくさん頂き、設置の運びとなりました。

これで通常のお墓参りの同じく、お彼岸やお盆、祥月命日、年回忌等でお塔婆をお建て頂けます。

写真にはすでにお塔婆が建っておりますが、すでにお申込で本堂でお預かりしていたものです。

DSC_3010.jpg

摩耶供養塔の左側、道路沿いに設置いたしました

DSC_3011.jpg

↓前面の庭園をリニューアルしております♪
DSC_3012.jpg


~~~お塔婆とは?~~~

正式には卒塔婆(そとうば)と言います。

供養に用いる長細い板の事です。

今から約2500年前、お釈迦様のお墓として古代インド語で「塔」を意味するストゥーパが建てられました。

お釈迦様が亡くなられた時、この塔を建てて供養したのが「お塔婆」の始まりといわれています。

仏教伝来に伴ってストゥーパも五重塔などいろいろ形を変化しながら、現在のお塔婆の形になりました。

シンプルに言うとすると、「供養の気持ちを表すもの」とお考え下さい。

例えば、お葬式の時にはお花を献花するのにお一人様おいくらかお支払いすると思います。

お塔婆も、個人個人が供養を示すもので、法事で何本も塔婆を建てますが、建てる本人がお塔婆代を支払います。

自分が建てたお塔婆と共に、お参りをするのがお墓参りのしきたりとも言えるでしょう。

お申込については、まや霊園HPの「塔婆のお申し込みについて」をご覧下さい。

よろしくお願い致します。




yama









夏至

未分類

2018-06-21

本日は二十四節気の「夏至」(げし)です。

暦本によりますとこの様にあります。

~~~~~

北半球では昼が最も長くなり、反対に夜が最も短くなる。

夏至は夏季の真ん中にあたり、梅雨の真っ盛りで、しとしとと長雨が続く。

農家は田植えに繁忙を極める季節である。

しょうぶが咲き始め、半夏(はんげ・からすびしゃく)が生えてくる。

~~~~~

本日は、昼の長さが一年で最も長い日ですね。

ちなみに、東京の日の出は、4:26。日の入りは、19:01です。

冬至と昼間の長さが5時間弱も違います。

本日は曇りなので体感しにくいですが、昼間の長さを観察してみたいと思います♪

園内では、沙羅双樹、アジサイが満開です♪

DSC_3007.jpg

DSC_3008.jpg

DSC_3009.jpg




yama





日蓮宗の新聞「日蓮宗新聞」が届きました♪

DSC_3006.jpg

大法寺では布教の一環として、無料配布!(限定数)

全国の日蓮宗寺院の活動、イベント、法華経や日蓮聖人の教え、四コマ漫画等♪

発行は月に三回です。

日蓮宗新聞は、ホール一階パンフレット置き場にありますので、お越しの際はご自由にお持ち帰り下さい♪

(^人^)



本日、「お施餓鬼法要のご案内」を郵便にて発送致しました。
こちらのブログでもご案内させて頂きます。

★盂蘭盆施餓鬼会法要

【日 程】:7月 16日(月)

【時 間】:午後 2:00~

【場 所】:大法寺本堂

【お斎膳】:例年どおり、お斎膳(お食事)をご用意させて頂きます。
      受付時間(11:00~1:00)にホール2階にてお召し上がり下さい。
      予約制となります。同封のハガキに人数をお書きの上、お申込下さい。

【お塔婆】:お申込はお早めにお願いします。
      同封のハガキでの〆切は7/4(火)です。
      同封のハガキ、もしくはFAX、メールでお申し込み下さい。

【お供米】:ご先祖様をはじめ、ご縁ある全ての方々にお供えするご供養です。
      お供米袋には、「お米」もしくは「お供米料」を入れご持参頂くか、ご郵送下さい。


法要参加は自由となっております。どなた様もご参加下さい。
皆様お誘い合わせの上、ご参拝、お焼香下さいますようお願い致します。



★お盆棚経のお知らせ

お盆の期間中に合わせ、僧侶が皆様のご自宅へ行きお経を上げる事を棚経(たなぎょう)と言います。

ご先祖様の霊は毎年、お盆の期間、お仏壇のお位牌を目印にあの世から帰って来られます。

ご先祖様の霊を手厚く迎え、共に過ごすのがお盆です。

毎年お伺いしているお家へは例年どおり、お檀家様は別紙に、その他の方はハガキにて、お参りの日時のご案内をさせて頂いております。

新盆をお迎えの方や、初めてお伺いするお家へも、別紙にて日時と新盆の迎え方を書いた紙を同封しております。

もしもご都合が悪い場合は至急ご連絡下さい。担当の僧侶より再度ご連絡申し上げます。

初めての方やお盆の迎え方が分からない方はご相談下さい。

m(_ _)m


DSC_2571.jpg




PAGETOP