FC2ブログ
山梨県身延町の本遠寺へ行き、写経をしたり、法話を聞いたり、

日蓮宗の総本山、身延山久遠寺にお参りをするバスツアーのご案内です♪

DSC_4460.jpg

参加費3000円は激安!すごいです!(笑)

〆切は9月3日です。

お申込の際は寺務所にお問い合わせ下さい。

よろしくお願い致します。




yama




処暑

未分類

2019-08-23

本日は二十四節気「処暑」(しょしょ)です。

暦本によりますと、この様にあります。

~~~~~

暑さが止むの意味から処暑という。

涼風が吹きわたる初秋の頃で、暑さもようやくおさまり、綿の花が開き、穀物が実り始め、収穫の候も目前となる。

昔から、この頃は二百十日と並び台風襲来の特異日とされており、暴風雨に見舞われることが少なくない。

~~~~~

本日は朝から雨が降ったり止んだりの天気で、暑さも一休みとなっております。

来週一週間の八王子市の最高気温も、高い日で33℃の予報

暦の通り暑さもおさまりはじめました。

けれど湿度が高く、まだまだ熱中症予防は必要そうです。

過ごしやすくなる季節まであと少し、お身体を大事にお過ごし下さい。


↓駐車場のサルスベリ

DSC_4463.jpg

DSC_4464.jpg

↑サルスベリも実をつけ、秋に向かっています








ogu






今年も東京都杉並区堀之内の妙法寺にて「いのり題目の日」が開催されます。

DSC_4013.jpg


会場へ直接行かれる場合は、↓下のご案内となります。
DSC_4458.jpg


八王子からバスにて参拝をご希望の方は、↓下のご案内となります。
DSC_4459.jpg


八王子駅前に集合解散となります。

例年より15分早い集合時間になります。お気を付け下さい。

八王子寺院の檀信徒&僧侶がバスに乗って、妙法寺まで参拝するコースです。

到着後は、お昼のお弁当を頂き、クラフトショップや土産物を見たりして、それから法要へ参加します。

どなた様でも、ご参加頂けるゆったりとした日程になっております。

八王子発のバスツアーの〆切は、9月末日です。

お申込は当山にご連絡下さい。

皆様ふるってご参加下さい。(^人^)




yama


日蓮宗の新聞「日蓮宗新聞」が届きました♪

DSC_4457.jpg

大法寺では布教の一環として、無料配布!(限定数)

全国の日蓮宗寺院の活動、イベント、法華経や日蓮聖人の教え、四コマ漫画等♪

発行は月に三回です。

日蓮宗新聞は、ホール一階パンフレット置き場にありますので、お越しの際はご自由にお持ち帰り下さい♪

(^人^)






日蓮宗の新聞「日蓮宗新聞」が届きました♪

DSC_4456.jpg

大法寺では布教の一環として、無料配布!(限定数)

全国の日蓮宗寺院の活動、イベント、法華経や日蓮聖人の教え、四コマ漫画等♪

発行は月に三回です。

日蓮宗新聞は、ホール一階パンフレット置き場にありますので、お越しの際はご自由にお持ち帰り下さい♪

(^人^)






立秋

未分類

2019-08-08

本日は二十四節気「立秋」(りっしゅう)です。

暦本によりますと、この様にあります。

~~~~~

この日から旧暦の上では秋に入るが、実際には残暑は厳しく、立春を起点として上り坂にあった平均気温は、立秋の頃、高温のピークに達する。

しかし、風のそよぎ、雲の色や形に、何とはなしに秋の気配が感じられる。

ひぐらしが鳴き始め、所により深い霧が発生する。

「秋立つ」秋来る」などとともに、秋の代表的な季語になっている。

暑中見舞いも、この日以降からは残暑見舞いとなる。

~~~~~

本日も快晴!

八王子市では連日36℃の猛暑が続いております(@0@)

暑い盛りに咲くのがサルスベリです。

でも今年は長梅雨の影響か、咲き始めたばかりです。

DSC_4454.jpg

DSC_4455.jpg






yama





DSC_4435.jpg

DSC_4436.jpg

◆第1回 9月4日(水)

【講師】 篠原 鋭一 先生

【演題】 「すべての行は移りゆく お釈迦さまの教え『法句経』に学ぶ」

【会場】新宿 常円寺祖師堂
     東京都新宿区西新宿7-12-5
     03-3371-1797

【時間】14:00~16:00

【対象】仏教に興味をお持ちならどなたでも歓迎です。

【受講料】各回1000円(当日受付)

【参加方法】予約申込み不要です。当日直接会場へお越し下さい。

【問合せ】日蓮宗東京西部社教会事務局
       本立寺
       ℡ 03-3920-1384

【主催】日蓮宗東京西部社教会
    摩天楼法話会実行委員会


今月の日蓮聖人のお言葉を紹介させて頂きます♪

滅するは生ぜんが為下るは登らんが為

『御輿振御書』/文永6年(1269) 聖寿48歳

DSC_4451.jpg


~~~ 日蓮聖人ご遺文『御輿振御書』~~~

本書の題「御輿振」とは、寺社の僧徒や神人が朝廷や幕府に対して仏力・神威をかざして訴えを主張することです。

かつてはそういったことが度々行われていました。

日蓮聖人は伝教大師最澄の「末法の時代に近づくとき、法華一乗の教えが弘まる」との言葉を引き出され、

逆に正法興隆の契機になると述べられています。




~~~プラス思考~~~

昔ある村に「三年峠」と呼ばれ恐れられた峠がありました。

そこで転んだら3年しか生きられないというので、みんな注意して歩きました。

ところがある男が転んでしまったのです。

「俺はもう3年しか生きられない」と嘆き悲しみました。

そこへ別の男が現れ「もう一度峠へ行って、今度は10遍でも20遍でも転べばいい」と言いました。

「逆に考えれば1遍転べば3年は確実に生きられるということ。それなら転ぶほどその分長生きできるぞ」。

物事は受け取り方次第です。ピンチの裏には同じ量のチャンスが用意されているものです…。













日蓮宗の新聞「日蓮宗新聞」が届きました♪

DSC_4450.jpg

大法寺では布教の一環として、無料配布!(限定数)

全国の日蓮宗寺院の活動、イベント、法華経や日蓮聖人の教え、四コマ漫画等♪

発行は月に三回です。

日蓮宗新聞は、ホール一階パンフレット置き場にありますので、お越しの際はご自由にお持ち帰り下さい♪

(^人^)






大暑

未分類

2019-07-23

本日は二十四節気「大暑」(たいしょ)です。

夏の季節の最後の二十四節気です。

暦本によりますと、この様にあります。

~~~~~

梅雨明けのこの頃はますます暑くなり、一年中で最も気温の高い、酷暑の季節である。

桐のつぼみがつき始め、アブラゼミがうるさく鳴き、さるすべりの真紅の花が印象的である。

大地が潤って蒸し暑くなり、ときどき大雨が降る。

~~~~~

今年の梅雨明けはあと少しのようで、本日も朝から雨が降ったり止んだりの天気です。

↓園内のさるすべりの開花も、あと少しのようです。

DSC_4448.jpg

DSC_4449.jpg


梅雨明けもあと少し、お体を大事にお過ごし下さい!







ogu

PAGETOP