穀雨

未分類

2018-04-20

本日は二十四節気「穀雨」(こくう)です。

暦本によりますとこの様にあります。

~~~~~

「穀雨」とは、百穀を潤す春雨を言う。

この頃は、春雨のけむるがごとく降る日が多くなり、田畑を潤して穀物などの種子の生長を助けるので種まきの好機をもたらす。

雨が長引けば菜種梅雨となる。

~~~~~

八王子市の予想最高気温は25℃。本日は初夏の陽気です。

春の季節最後の二十四節気です。

DSC_2957.jpg

八重桜

DSC_2958.jpg

↓ボタン
DSC_2959.jpg

↓沙羅双樹の新緑
DSC_2960.jpg

DSC_2961.jpg

ツツジ

DSC_2962.jpg

DSC_2963.jpg

DSC_2964.jpg

今年は桜も咲くのが早かったですが、その他の花々も早く咲いていますね。

気がつけばツツジの満開写真を撮りそこねました。(笑)

次はもう立夏!暦の上では夏がやってきます♪



yama





日蓮宗の新聞「日蓮宗新聞」が届きました♪

DSC_2956.jpg

大法寺では布教の一環として、無料配布!(限定数)

全国の日蓮宗寺院の活動、イベント、法華経や日蓮聖人の教え、四コマ漫画等♪

発行は月に三回です。

日蓮宗新聞は、ホール一階パンフレット置き場にありますので、お越しの際はご自由にお持ち帰り下さい♪

(^人^)









日蓮宗の新聞「日蓮宗新聞」が届きました♪

DSC_2955.jpg

大法寺では布教の一環として、無料配布!(限定数)

全国の日蓮宗寺院の活動、イベント、法華経や日蓮聖人の教え、四コマ漫画等♪

発行は月に三回です。

日蓮宗新聞は、ホール一階パンフレット置き場にありますので、お越しの際はご自由にお持ち帰り下さい♪

(^人^)









本日4月8日は、お釈迦様のお誕生日「花まつり」です。

当山では、ホール入口に花御堂を設置し、誕生仏に甘茶を注いで頂けるようイベントを開催しております♪

お越しの際は、ぜひご参加下さい♪(^人^)

DSC_2949.jpg

↓ホール入口に花御堂を設置しております
DSC_2950.jpg

↓合掌します
DSC_2951.jpg


DSC_2952.jpg

花御堂の中の誕生仏(お釈迦様)に甘茶を注ぎます

DSC_2953.jpg

その後、合掌。お釈迦様に感謝し、お誕生日をお祝いして下さい。

となりに皆さまへも飲んで頂けるよう、甘茶とカミコップをご用意しております。

ご自由にお飲み下さい。(^人^)

DSC_2954.jpg

こちらは本堂前のしだれ桜。

なんとかまだ咲いています♪

本日も快晴で、絶好のお参り日和です。

共にお釈迦様のお誕生日をお祝いしましょう!





yama




今年の桜情報も本日をもって最終回となります!

昨晩の風雨により、本堂前のしだれ桜は桜吹雪が続いております。

見頃は今日までとなりそうです。

DSC_2940.jpg

↓葉桜となって行くしだれ桜
DSC_2941.jpg

DSC_2943.jpg

ツヅジは満開です♪

DSC_2942.jpg

↓新緑眩しい季節となりました♪
DSC_2944.jpg

DSC_2945.jpg

DSC_2946.jpg

3月24日から続けておりました桜情報も最終日。

今年は全国的に観測史上最速の開花となりました。

ですが天候にも恵まれ、長く楽しめたのではないでしょうか?

一年に一度の桜は本当に私達を楽しませてくれますね。

それと、告知を!

4月8日(日)はお釈迦様のお誕生日です。

当山でも、ささやかながら「花まつり」を行います。

お時間ある方はぜひお越し下さい♪

ではでは~(^O^)/



yama




本日は二十四節気の「清明」(せいめい)です。

暦本によりますとこの様にあります。

~~~~~

清明は「清浄明潔」を略したもので、

「万物ここに至って皆 潔斎(けっさい)なり」

と称せられるように、春先の清らかで生き生きとした様子を言ったものである。

この頃になると、春気玲瓏(しゅんきれいろう)にして、桜や草木の花が咲き初め、万物に晴朗の気があふれてくる。

~~~~~ 

本日は
あいにくの天気で、気温も低いですし、曇りどころか今にも雨が降ってきそうな空です。

↓本堂前のしだれ桜
DSC_2932.jpg

DSC_2933.jpg

DSC_2934.jpg

↓66区65区画間のプランター
DSC_2935.jpg

DSC_2936.jpg

DSC_2937.jpg

↓65区端のさくら
DSC_2938.jpg

↓64区の端
DSC_2939.jpg
色合いがおもしろく感じました(^^)


清明の説明でこのようにも聞いたこともあります。

「様々な草木が芽吹き、すべて明るく清らかで、この芽が何の草がわかるようになる」

園内の様々な種類の花も少しずつ咲き始めています(^^)

明日は晴れてまた暖かくなるみたいですね。

皆さま寒暖の差にご自愛ください。



Kurotsu


本日は夏日♪桜情報をお届け致します♪

本日は、風が少し吹いてます~ね。
朝の掃除の時、桜の花びらが一カ所にまとまりません。

さくらのジュータンの上を歩きたかったという声も聞こえる時もありますが(^^;)

DSC_2931.jpg

↓桶置場近くのツツジ
DSC_2926.jpg

DSC_2927.jpg

↓風のおかげで空に雲一つありません(^^)
DSC_2928.jpg

DSC_2929.jpg

DSC_2930.jpg

今日は外で、少し動いただけで汗をかきました。

そういえば朝の天気予報も夏日になると言っていたような……



皆さまのご来園をお待ちしております(^^)



Kurotsu


本日も快晴♪桜情報をお届け致します♪

↓本堂前のしだれ桜です。
DSC_2921.jpg

↓ツツジも鮮やかです(^^)
DSC_2923.jpg

DSC_2924.jpg

DSC_2925.jpg

DSC_2922.jpg

昨日に引き続き今日明日、気温が高いそうですね。

朝は肌寒く、日中は少し暑い。

寒暖の差が大きいので体調にお気をつけ下さい。

御来山をお待ちしております(^^)



kurotsu

今月の日蓮聖人のお言葉を紹介させて頂きます♪

さくらはおもしろき物 木の中よりさきいづ

『重須殿女房御返事』/弘安4年(1281) 聖寿60歳

DSC_2920.png


~~~ 日蓮聖人ご遺文 『重須殿女房御返事』 ~~~
 
聖人はこの一節の直前に「我等は父母の精血変じて人となりて候えば、三毒の根本」と述べています。

如実に私たちの命をご覧になっておられるのです。

清浄なるところに清浄は生まれない。

汚濁の中にこそ清浄なるものが生ずると説かれています。

これこそ法華経の極意である煩悩即菩提の教えです。

清濁併せ呑む中にこそ本当の強き美しさが生じるものだと説かれています。


~~~心の花を咲かせよう~~~

花と言えば桜。

日本人に最も親しまれ、愛される花と言っても過言ではないでしょう。

ところが冬、寒風にさらされ葉を落としぽつんと立つ桜の木の姿を見ると、春あのほんのりと柔らかい花が咲くとは想像し難いものがあります。

まさに春という季節の縁を得て木の中に宿っていた芽が吹き出すのです。

それと同様にごつごつとした私たちの心の中にも、桜の花のような優しい仏の芽が宿っています。

だからこそ仏さまの教えに触れて心の花を咲かせようではありませんか。

まず、足元を見つめましょう。

「恩」という字の姿をよくよく見て下さい。「恩」とは「因」に「心」を向けた時に気づくものなのです。  










本日も快晴♪桜情報をお届け致します♪

↓本堂前のしだれ桜が満開です♪
DSC_2913.jpg

DSC_2914.jpg

DSC_2915.jpg

DSC_2916.jpg


↓大島桜は葉桜となりました
DSC_2917.jpg

DSC_2918.jpg


↓ツツジ満開♪
DSC_2919.jpg

まや霊園では、本堂前のしだれ桜が一番遅く咲く為、ここの桜が散ってしまうと「桜の季節が終わったんだなぁ~」と思います。

今年の桜は、咲くのは早かったですが、雨に降られる事も無く、晴れ続きで楽しめました。

大島桜は本日も桜吹雪が楽しめるでしょう♪



yama







PAGETOP