FC2ブログ
DSC_4151.jpg

辻説法の集い

【日 程】3月 23日(土)

【時 間】午後2時~

【場 所】金剛院会館ホール上野町

【演 題】生きる力 安らかなる心とともに

【講 師】八王子市仏教会事務局長・玉泉寺
    本間 啓庸 先生

【会 費】500円

【主 催】八王子南無の会事務局・金剛院 042-625-7560

DSC_715.jpg

皆様ぜひご参加下さい♪(^人^)




雨水

未分類

2019-02-19

本日は二十四節気の「雨水」(うすい)です。

暦本によりますと、この様にあります。

~~~~~

雨水とは「雪散じて水と為る也」(『暦林問答集』)とあるように、今まで降った雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わって降るという意味である。

この頃、雨水ぬるみ、草木の発芽を促し、萌芽のきざしが見えてくる。

昔より、農耕の準備などは、この雨水を目安として始めるとされてきた。

~~~~~

温かくなってきましたね。

本日は午後から雨予報となっております。

明日からは本格的にスギ花粉が飛ぶ予報。

春が近づいて来ました。

梅の開花が進んでいます♪

DSC_4149.jpg

DSC_4150.jpg

ツバキ♪



yama











日蓮宗の新聞「日蓮宗新聞」が届きました♪

DSC_4148.jpg

大法寺では布教の一環として、無料配布!(限定数)

全国の日蓮宗寺院の活動、イベント、法華経や日蓮聖人の教え、四コマ漫画等♪

発行は月に三回です。

日蓮宗新聞は、ホール一階パンフレット置き場にありますので、お越しの際はご自由にお持ち帰り下さい♪

(^人^)




明日、2月16日は日蓮聖人のお誕生日です。

1222年(貞応元年)2月16日。

現在の千葉県鴨川市小湊でご誕生されました。

父は、貫名次郎様。母は梅菊様です。

お父様は漁師を営んでおられました。

1233年(天福元年)、11才で近くの清澄寺の道善房に入門されました。

誕生の地には、誕生寺というお寺になっています。

↓誕生寺の祖師堂
DSC_4124.jpg


~~~~~

今回は日蓮聖人にまつわる伝説の一つをご紹介させて頂きます。

日蓮聖人が誕生された際、庭先から泉が湧き出し、浜辺に青蓮華が咲いたとされています。

そして、海面には大小の鯛の群れが集まったという不思議な「三奇瑞」が伝えられています。

聖人ご生誕の地、千葉県鴨川市小湊では昔、鯛を「日蓮聖人の化身」と神聖し守ってこられたそうです。

現在でも「鯛供養」という行事があるそうです。

鯛ノ浦で漁を行い、間違って鯛が捕れた場合、生きていたらそのまま逃がすそうですが、死んでしまった場合はいったん冷蔵庫に保管し、火葬して「タイ塚」に埋葬するとの事。

DSC_4123.jpg

鯛供養は、毎月6日誕生寺にて行われているそうです。

調べた私自身も初めて知る事実!!(驚)

明日は聖人生誕を思い、合掌唱題致しましょう。

南無妙法蓮華経




yama




明日、2月15日は釈尊涅槃会(しゃくそんねはんえ)です。

紀元前486年2月15日、お釈迦様は亡くなりました。

DSC_2775.jpg

お釈迦様がお亡くなりになったのは80才の時。

涅槃図では、お釈迦様は娑羅双樹の下で、頭を北にして西を向き右脇を下にした姿で臥し、周囲に十大弟子を始め諸菩薩、天部や獣畜、虫類などまでが集まって、お釈迦様の死を悲しんでいる様子が描かれています。


~~~~~~~~~~

今回も小話を書かせて頂きますね。

受験、就職、転職、引越、結婚、離婚、大病、葬儀。

人生ではターニングポイントがいくつもあります。

私達の人生は、決断の連続です。

その決断如何によって、人生は大きく変わるのではないでしょうか?

その決断の軸となるのは、私達の心の根っこの芯ですね。

心の軸とも言えるかも知れません。

軸を持たずに生きると言うことは、地図やコンパスを持たずにジャングルをさまよう様なものです。

他人の意見に振り回されたり、集団行動で流されていったり。

間違っていると気づいた時は手遅れで、もう元の道には戻ってこれません。


~~~~~


「迷う時は衆生となづけ、悟る時をば仏と名づけたり。」

日蓮聖人御書「一生成仏抄」/建長7年(1255年)

こちらは、日蓮聖人が私達の心とはどういったものかをお説きになったお言葉です。

心に良い悪いの区別はなく、迷っていれば衆生(苦しみ悩んでいる心)、悟れば仏(苦しみのない境地)。

自分自身を磨くことこそ大切であるとお説きになられたお言葉です。

~~~~~

では、大切な心の軸はどうすれば得ることが出来るのでしょうか?

今回は、八正道(はっしょうどう)についてお話させて頂きます。

八正道とは、お釈迦様の教えを実践する方法のことです。

①「正見」(しょうけん)

➁「正思惟」(しょうしゆい)

③「正語」(しょうご)

④「正業」(しょうごう)

⑤「正命」(しょうみょう)

⑥「正精進」(しょうしょうじん)

⑦「正念」(しょうねん)

⑧「正定」(しょうじょう)

これら8つで「八正道」といいます。

では、一つ一つみていきましょう。

~~~~~

①「正見」(しょうけん)

◆正しい見解◆

正しい世界観、人生観、宗教観。

正しく信じること。


➁「正思惟」(しょうしゆい)

◆正しい思念、正しい決意◆

正しく考えてから行動すること。

貪らず、怒らず、愚かでない考え。


③正語」(しょうご)

◆正しい言葉を話す◆

嘘つき、悪口、誹謗中傷を離れ、真実を語り、正しく賞賛評価して、思いやりをもった有益な言葉を語る。


④「正業」(しょうごう)

◆正しい行い◆

無意味な殺生、盗み、浮気や不倫をしない。

困っている人を助け、家族睦まじくあること。


⑤「正命」(しょうみょう)

◆正しい生活をおくる◆

正しい仕事をし、正しくお金を得て使う。

世のため人の為に仕事をし、規則正しい健康的な生活をおくる。


⑥「正精進」(しょうしょうじん)

◆正しい努力◆

目標や理想に向かって邁進すること。

怠けず、怠らず、諦めないこと。


⑦「正念」(しょうねん)

◆心に深く思って、忘れないでいること◆

大切な心の根っこの部分。

大切なことを忘れない、忘れても思い出すこと。


⑧「正定」(しょうじょう)

◆心を定めて静めること◆

正しい精神状態でいること。整った心。

戸惑わない、まごつかない。惑わされない、ブレない。

~~~~~

もしも、この八正道を実践する事が出来るのであれば、私達の心に迷いが無いという事になるでしょう。

心の軸に、世界観、人生観、宗教観を持ち、正しく信じる。

欲をかかず考え、真実を話し、善行を為す。

世のために仕事をし、健康的な生活を送る。

目標、理想に向かって精進し、大切なことを忘れない。思い出す。

ブレない。


こんな人、まわりにいますか??

完璧でなくても、案外当てはまる事が多いと思いませんか?

全部は無理だとしても、皆さまもこんな気持ちでいるのではないでしょうか?

どれもそんなに難しい事ばかりではありません。

大切なのは実践することですよね。

八正道を実践すると、心の迷いは消え去り、有意義な人生が送れるとされています。

日蓮聖人のお言葉に戻りますが、私達の心に良い悪いの区別はありません。

曇った鏡でも磨けばキレイにする事が出来ます。

前提として私達の心は曇っています。真実が見えていません。

曇った心を磨いていくことが、教えを得、仏様に近づくことだと私は思っています。

しっかりとした心の軸を持ち、人生を歩んで参りましょう。

少々堅苦しい小話となりましたが、最後までお読み頂き御礼申し上げます。

明日はお釈迦様がお亡くなりになった日です。

お釈迦様を思い、お題目をお唱え致しましょう。



南無妙法蓮華経






yama








おはようございます。

昨日から、この冬初めての積雪がありました。

幸い道路に積雪はありません。

歩道などには積雪と凍結箇所があります。

お参りの際は、お足元に十分ご注意下さい。

m(_ _)m


↓園内入口
DSC_4144.jpg

↓50区前の坂
DSC_4145.jpg

↓65区
DSC_4146.jpg

DSC_4147.jpg

芝生の上にうっすら積もっています。



yama



日蓮宗の新聞「日蓮宗新聞」が届きました♪

DSC_4143.jpg

大法寺では布教の一環として、無料配布!(限定数)

全国の日蓮宗寺院の活動、イベント、法華経や日蓮聖人の教え、四コマ漫画等♪

発行は月に三回です。

日蓮宗新聞は、ホール一階パンフレット置き場にありますので、お越しの際はご自由にお持ち帰り下さい♪

(^人^)




立春

未分類

2019-02-04

本日は二十四節気の一番目「立春」(りっしゅん)です。

暦本によりますと、この様にあります。

~~~~~

旧暦の正月、寅の月の正節。

この日の前夜を年越しと考える風習がある。このため正月節、年首月などともいう。

旧暦の上(節切り)では、この日が一年の始めとされた。

「春立つ」「春来る」などとともに、春の代表的な季語になっている。

日足が伸び、この頃から気温は上昇に向かい、木々もしだいに芽吹き始める。

春の気配をどことなく感じる季節である。

また、立春は雑節の基準日で、八十八夜・土用・二百十日などを起算するもとになる。

~~~~~

暦上の新年が本日より始まります。

本年の十干十二支九星は、己(つちのと)亥(い)八白土星(はっぱくどせい)です。

九星学で言うところ、大凶が二黒土星の方。

方位では北東が暗剣殺で大凶。

七赤金星の人や方位(南東)が歳破で中凶。

八白土星の方が八方塞がりです。

これらは、引越や新築等に強く影響します。

この日を境にして、生まれの九星干支が変わります。

早生まれの方は注意して下さいね。(^人^)

~~~~~

ポカポカと穏やかな日です(^^)
DSC_4140.jpg

ロウバイ
DSC_4141.jpg

空も澄み切っています(^^)
DSC_4142.jpg


いや~今日は暖かいですね!!

今年度は、積雪と呼べる日がまだありません。同じ八王子でも高尾の方は少し積もっていたそうですけど。

しかしながら夕方からまた寒くなるようで、急激な気温の変化に皆さま健康管理にお気を付け下さい。



Kurotsu



節分

未分類

2019-02-02

明日は節分です。

節分と言えば、豆まきですよね。

お子様のいるご家庭では、お父さんが鬼のお面をして子供に豆をぶつけられているのではないでしょうか?(笑)

DSC_4113.jpg

さて、まずこの「鬼」ですが、角を生やして虎柄のパンツをはいていますよね。

鬼の格好は、「鬼門」東北に由来します。

東北は十二支だと、丑寅(うしとら)にあたります。

丑(うし)の角を生やして、寅(とら)のパンツを身につけるいる姿が「鬼」という訳です。

豆をまくのも、「魔滅」に通じる意味があります。

豆は「魔の目を滅する」に通じます。

豆まきに使う豆も、炒った豆でなくてはいけません。

生の豆だと、拾い忘れて芽(魔の目)が出てしまうと良くないからです。

「炒る」は魔の目を「射る」にも通じます。

ちなみに、「桃太郎」というお話がありますが、鬼をやっつけるのは桃太郎の刀です。

お供には、猿、キジ、犬がいますが、こちらも十二支で方角を意味する申酉戌です。

申酉戌は西を意味し、西は刀、刃物を意味します。

ですから、鬼退治には申酉戌が必要なんですね。

古来からの伝統にはいろいろなエピソードがありますよね。

お家に来る魔を滅する為、明日は盛大に豆まきを致しましょう!

ちなみに、日蓮宗では「福は内」は言いますが、「鬼は外」とは言わないんですよ。

理由は昨年のまやBLOG「節分」をご覧下さい!(笑)

(^^/



yama



墓地名義人様へ 墓地管理料のご案内

本日、まや霊園をお持ちの墓地名義人様へ墓地管理料の請求書を郵送させて頂きました。

大法寺のお檀家の方は、春の彼岸会案内を同封する為、3月発送予定です。

例年どおり、お振込をよろしくお願い致します。

平成25年より、同封の振込用紙以外の方法でもお振込が出来るようになりました。

詳細は、同封の案内文書、もしくは大法寺 まや霊園のホームページの左下にありますバナー「墓地名義人様へ お振込口座のご案内」をお読み下さい。

詳細はこちら→【墓地名義人様へ お振込口座のご案内】

DSC_480.jpg

今後共、末永いお付き合いの程、よろしくお願い致します。




~~~~振込についてのいきさつ~~~~

墓地管理料のお振込は郵便局でしか出来ず、銀行でも出来るようにしてほしい、銀行口座や、クレジットカードからの自動引き落としにしてほしい、等の要望を頂いておりました。

銀行口座からの自動引き落としや、クレジットカードからの自動引き落とし、コンビニ支払い等も検討いたしましたが、いずれも当霊園の支払う手数料が高額になるため断念致しました。

手数料が高額になれば、管理料の値上げに繋がります。

よって上記の様な対策をさせて頂きます。

【注意事項】【規定】を良くお読み下さり、お振込をお願い致します。

皆様から頂戴した墓地管理料は霊園の管理と維持に使用しております。

永久につづく霊園の為、先を見越した管理を目指し、より良い霊園にして行きたいと心がけております。

皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。









PAGETOP